損害賠償分を支払う

遅延損害金というのは、返済期限を過ぎたときに、通常支払うべき金利に付け加えて支払う利息のことを言います。簡単に言えば損害賠償分なのですが、税金も支払期限を過ぎると延滞金がプラスされるように、キャッシングやカードローンであってもこのような損害賠償分の料金がプラスされます。返済期限までにお金を返さないと、貸した方にも損害が出るので、このようなシステムを設けているのです。

遅延損害金の金額

もし返済期限を過ぎてしまった場合には、どれぐらいの遅延損害金を支払うことになるのでしょうか。これだけ支払うという明確な金額が提示されているのではなく、お金を借りるときに提示された金利によって変わってきます。一般的には金利の1.46倍となっているので、20パーセントの金利であった場合には、29.6パーセントの利息分を支払う義務が発生するのです。

最後に

遅延損害金は、お金のない人にとってはかなりの痛手となってしまうので、よくお金を借りるという人は、できるだけ早めに返済しておくべきでしょう。早めに返済することによって、利息も少なくなるのが一般的です。

お金を借りる
サブコンテンツ

このページの先頭へ