どのような役割をしているのか

保証会社というのは、主に2つの役割があります。1つ目は債権の保全、2つ目は審査です。ローンを組んだことがある人はよくわかるでしょうが、ローンを組むとお金は銀行が支払うものの、契約をした人は保証会社にお金を支払うようになります。カードローンの場合には、返済期限を過ぎたときに銀行へ支払われるのですが、ようするに銀行の損害分を支払うのが債権の保全だと言えるでしょう。しかも返済が不可能と判断されればお金を借りることができないので、その審査も行っているのです。

代位弁済の注意点とは

保証会社が契約者に代わって銀行へお金を支払うことを代位弁済と呼びますが、このときにいくつかの注意点があります。それは銀行へ相談に行っても無意味であること、さらに返済額の分割支払いができないという点です。これらのデメリットをよく理解した上でお金を借りるようにしないといけません。

保証会社はどのような存在なのか

お金を借りる場合、銀行を選択することはできるものの、保証会社を選択することはできません。ちなみにみずほ銀行を利用した場合にはオリエントコーポレーション、東京三菱UFJ銀行やセブン銀行を利用した場合にはアコムとなります。これを見ればよく分かるように、保証会社というのは消費者金融のことなのです。

最後に

保証会社と銀行の関係がよく分かったと思いますが、保証会社が代位弁済を行うと、お金を返すのが大変になります。そうならないためには、お金を借りる前に、期限までにきちんと返済を行うという心構えをしておくことが必要です。

お金を借りる
サブコンテンツ

このページの先頭へ