大切な個人信用情報を管理する機関

お金を借りるためにキャッシングやカードローンを利用する場合、必ず個人情報が必要になるのはいうまでもありません。しかし、最近は年金の情報流出問題や、マイナンバーの導入で、個人情報が外部へ漏れてしまう危険性がより一層増していると言えるでしょう。このような個人情報が漏れないようにするためや、借金の履歴などをきちんと管理し、審査を簡潔化する目的で設立されたのが信用情報機関なのです。 ある銀行でお金を借りて、返済期限になってもお金を返すことができなかったという人もいるでしょう。しかし、返済が滞っていると、別の銀行や消費者金融でもお金が借りることができなくなるのは不思議だと感じたことがある人もいると思います。なぜ同じグループ企業でもないのに、別の業者で借金をして、返済が滞っていることを知っているのかというと、信用情報機関によって管理されているからです。 そこで心配になるのは個人情報の流出でしょうが、信用情報機関では、一定期間を過ぎると個人情報が削除されるので、流出する危険性も低いですし、たとえブラックリストに記載されてしまったとしても、一定の期間で削除されてしまうことから、また普通にお金を借りることができるようになります。お金を借りる場合、また返済をしないと、同じくブラックリストに記載されてしまうので注意しましょう。

信用情報機関は3種類ある

信用情報機関というのは、1つしか存在していないというわけではありません。実質3種類存在しているのですが、1つ目は全国銀行個人信用情報センターで、主に銀行が加入しています。2つ目は日本信用情報機構で、主に消費者金融が加入しています。3つ目はシー・アイ・シーで、主に信販会社やクレジットカード会社が加入しています。これらの業者は全面的に情報共有をしているわけではなく、一部の情報のみ共有しているのです。

最後に

お金を借りる場合には、きちんと返済期限までに返納することを心がけましょう。そうすればお金を借りることを危機的に感じることはないので、これらの機関を利用することもないでしょう。 キャッシング即日
サブコンテンツ

このページの先頭へ